時給150円の僕は、時間をお金で買う。

僕の職場の近くに、お弁当屋さんがある。

お昼休みに外に出るときチラ見するが、いつもお客さんはまばらだ。

450円で、お味噌汁付き。安い。

 

でも、この450円弁当、

12時20分からは、なんと50円引きで400円になると、同僚から聞いた。

 

「じゃあ12時20分に行けばお得やん!」などと安易に考えた僕は、

12時にお昼休みに入ってからの20分、テキトーに時間を潰し、

400円にディスカウントされた弁当を買いに出かけたのだ。

 

 

スポンサーリンク

お弁当屋さんに到着。

「さぁ、これで50円トクするゾ〜☆」

ウッキウキでお弁当屋さんを訪れた僕を待っていたのは、

僕と同じく、12時20分以降を狙ったケチな人々の『長蛇の列』であった!

 

「マジか!せっかく20分も待ったのに、また並ぶんかい!」

 

「12時10分頃にお弁当屋さんの前を見たときは、誰も買ってなかったのに!」

「みんな考えることは一緒なんだなぁ。」

 

そこで、ふと気がついた。

「あれ、俺…

たった50円のために、貴重な昼休みを20分も使って、さらに列に並んでるの?」

 

50円のために20分待った僕の時給は、150円

自分の時給がいくらか、考えたことある?

年収500万円の人は、だいたい時給2,500円くらい。

(500万円÷245日÷8時間=2,551円、残業なし前提)

 

お昼休み、50円のために20分待った僕の時給は、150円ってことになる。

時給150円。

なんとまぁ、やっすい人生だろうか。悲しくなる。

 

この時給換算は、こじつけだろうか?

でも、僕は50円の値引き弁当を買うために、20分待つという選択をした。

つまり、50円には20分費やす価値があると判断したワケだ。

 

大して旨くもない弁当に、20分を費やす。その結果、長蛇の列に並ばされて、もう5分待たされる。

 

なんだこれ。馬鹿馬鹿しすぎる。

僕はたった50円のために、貴重な人生の20分を、無駄にしてしまった。

 

タイムイズマネー。時は金なり。

お金は稼ぐこともできるし、借りることもできる。

極端な話、お金は増やせる。

けど、時間はどうだろうか?

テレビゲームのように、アイテムを取ったら時間が増えることはないし、誰かの時間を借りることもできない。

流れた時間は、二度と戻ってこない。

 

『時間をお金で買う』ということ

それ以来僕は、『時間をお金で買う』ということについて考えるようになった。

例えば、たまごが1パック10円20円安いから、スーパーをはしごするという事務のおばちゃん。

10円20円のために時間をスーパーをはしごする手間をかけるのは、「お金を時間で買う」行為だ。

50円弁当を求めた、ある日の僕と同じだ。

 

そもそもスーパーは、ワンストップで買い物できるのがメリット。

お店を何件も回る時間を節約できる。

スーパーで買い物するなら、一軒で済ませるべきだ。

 

 

一見高いだけのように思えるコンビニだって、

使い方によっては「時間をお金で買える」便利なお店。

 

確かにコンビニは高い。けど、必要なものを24時間買うことができる。

もし、夜中に小腹が空いてしまったら?

コンビニより安いからと、スーパーが開店するまで時間を過ごすのだろうか?

それなら、多少値段が高くてもコンビニで買う。スーパーの開店を待つ時間を、お金で買うわけだ。

 

まとめ

時間は誰にとっても平等で、有限だ。永遠じゃない。

だから、「ちょっと安いから」などといった理由で、時間を無駄にしないように、ここに自戒したい。

目先のお金を少し失うとしても、時間を買えれば安いもんさ。

 

あなたは、「時間をお金で」買えてる?

かつての僕のように、「時給150円」になっていないかい?

タイトルとURLをコピーしました