他の部屋の住人がうるさい!!賃貸での騒音トラブルのベストな対処法をご紹介

他の部屋の住人がうるさい!!賃貸での騒音トラブルのベストな対処法をご紹介 不動産

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいると直面するのが
他の部屋の住民との『騒音トラブル』です。

他の部屋の住人が、深夜に大声で騒ぎ始めるんだ!
うるさくて眠れないよ!

お隣さんが、大きい音で音楽を聴いているの。
おかげで毎日、耳栓をしないと生活できないわ。

毎日帰る家だからこそ、周りの部屋の住人が騒がしかったりすると本当に困りますよね。

僕もマンションを借りて住んでいる中で、何度も悩まされました。

 

そんな困った騒音トラブルを解決するには、どのような方法を取るべきなのでしょうか?
一人暮らし歴10年、不動産屋での勤務経験もある僕がご紹介します。

スポンサーリンク

絶対にやってはいけないことは「直接注意する」こと

いくら隣人がうるさいからといって、直接注意をするのは絶対にNGです。

なぜなら、無用なトラブルを招くからです。

 

直接注意をしても、騒音の発生源である隣人が注意を聞いてくれるかはわかりません。

常識のない隣人の場合、逆恨みされる可能性もあります。
同じマンションやアパートに住んでいる人に恨まれるというのは、想像以上に恐ろしいことです。住所も生活圏も一緒ですから、運が悪ければ騒音を発生させる隣人と頻繁に会ってしまうことになります。

何より騒音を発生させる隣人とあなたは、同じマンションの敷地内に住んでいます。
嫌がらせを受けた際に自室に逃げ込んでも逃げ切れるとは限りませんね。

都会ではどこに危険が潜んでいるわかりませんから、くれぐれも気を付けましょう。

 

 

一番オススメの対処法は、管理会社に連絡すること

もっともトラブルになる可能性が少ないのは、あなたの住むマンションやアパートの管理会社に連絡をして騒音を出す住民に対して注意をしてもらう方法です。

 

あなたの住むマンションやアパートの管理会社はどこかというと、あなたが賃貸借契約をした時に契約書を取り交わした不動産屋さんです。

担当者に連絡をし、状況を詳しく説明しましょう。

 

管理会社に騒音の苦情を伝える時のポイントは、次の2点です。

 

  • 騒音の状況や被害をできるだけ具体的に説明すること
  • 「改善されない場合は、引っ越しも考えている」と伝えること

 

騒音の状況や被害をできるだけ具体的に説明すること

管理会社に騒音の苦情を伝える時は、できる限り具体的に状況を伝えましょう。

具体的に伝えることで、説得力が増し深刻さが伝わるので、管理会社もすぐに騒音トラブルの解消に向けてアクションを取ってくれます。

 

次の項目を伝えるようにすると、具体性がグッと増します。

  • どの階・部屋の住人が騒がしいか?(真上の階、隣室、3階の人・・・)
  • どのような騒音か?(話し声、楽器、スピーカーからの音楽、鼻歌、足音・・・)
  • 何時頃に発生するか?(平日or休日、夜or深夜・・・)
  • 過去何回程度発生しているか?(今回が初めて、1ヶ月前から・・・)
  • どのように悩んでいるか?(騒がしくて眠れない、常に耳栓をしなければならないくらいうるさい・・・)

 

 

また、あなたの生活にどの程度の影響が出ているかも伝えるといいでしょう。

「改善されない場合は、引っ越しも考えている」と伝えるこ

「もし騒音が改善されない場合は、引っ越しも検討しています」と伝えましょう。

これを伝える理由は、管理会社に騒音トラブル解消のために”本気を出してもらう”ためです。

大家さんも管理会社も、部屋を借りてくれる人がいない状態を一番嫌がるからです。

 

管理会社は、大家さんから依頼を受けて物件の掃除をしたり、部屋を借りたい人の募集をするのが仕事です。

もし管理会社が騒音トラブルを解決できず、その結果部屋を借りてる人が出て行ってしまうと、大家さんは家賃がもらえず損をしてしまいます。
管理会社は、大家さんに損をさせないのためにアパートやマンションを管理しているため、管理会社も必死になって騒音トラブル解決のために動かざるをえないのです。

 

管理会社が取る対策

管理会社が騒音トラブルの苦情を受け付けると、主に次のような対応をします。

  • マンションの玄関などに張り紙をして注意する
  • 騒音を出す住人に手紙を投函して注意する
  • 騒音を出す住人に電話で直接注意する

下に行くほど、強力な注意になります。

管理会社から騒音を出す住民に直接注意を行うことで、騒音の抑止力になります。

 

まとめ:騒音トラブルに悩んだら管理会社に相談しよう。状況を具体的に報告すると真剣に対処してくれる

騒音トラブルに悩んだら管理会社に相談しましょう。

そして、管理会社に真剣にかつ迅速に対処してもらうためには、できるだけ具体的に被害を報告することが効果的です。
また、「最悪の場合引っ越しも健闘している」と伝えることで効果が高まります。

 

過去には、マンションの騒音トラブルが原因で殺人事件にまで発展したケースもあります。
ピアノの騒音に悩まされた住人がノイローゼになり、犯行に及んでしまったという痛ましい事件です。

それくらい悩む人が多く深刻な「騒音トラブル」。一刻も早く解決できるように管理会社にはしっかりと連絡しましょう。

 

『賃貸・一人暮らし』関連記事はコチラ▼

【一人暮らし】大学生活を120%楽しむために!『大学の最寄り駅』に住むべき最強の理由

初めての一人暮らしで”マンション”を選ぶべき理由。木造アパートの防音性はクソ以下である

一人暮らし初心者必見!訪問販売の上手な断り方を紹介します!

 

タイトルとURLをコピーしました