地方勤務は「人生の無駄使い」嫌なら今すぐ辞めていい、その理由

地方勤務は「人生の無駄使い」嫌なら今すぐ辞めていい、その理由 転職・仕事

こんにちは!アラサーで転職3回のジョブホッパー・伊勢山です!

日本社会では、地方勤務という「島流し」が横行しています。
新卒社員を現場で修行させるために、いきなり地方に配属するパターンです。
例えばメーカーに入社したなら、工場のある東北や東海、九州あたりに配属させて、そこで3年間くらい働かせるのが一般的だったりします。

僕も数年前、新卒で某メーカーに入社した直後にド田舎に配属され3年間勤務しましたが地獄を見ました。(今は転職して東京で働いています)

もちろん、地方勤務をするメリットもあるにはあるのですが、実際に僕が地方勤務を経験してみて、メリットよりもデメリットの方がはるかに大きいと感じました。
もちろん主観ではありますが、地方勤務が辛い、辞めたいとお悩みの方がいらっしゃるようでしたので、

  • 地方勤務のメリット
  • 地方勤務のデメリット

をそれぞれご紹介した上で、『地方勤務は人生の無駄使い』である理由をご紹介します。

【体験談】会社を辞めてから転職活動をするのはデメリットだらけ!先に退職してから転職活動ってどうなのか?経験者が語ります。
こんにちは!ピチピチ29歳絶賛ジョブホッパーのサラリーマン・伊勢山です。 転職をお考えの方で「今の仕事が忙しすぎて先に仕事辞めちまおっかな〜w」って考えてる方いませんか? というか、この記事をご覧になっているということは、「今の会社...

地方勤務をすることのメリット

では、まずは数少ないメリットを2つ、ご紹介しましょう。

社内での出世に有利

まず一つ目のメリットは、出世に有利だという点です。

例えばメーカー勤務であれば、製造現場である工場は地方にある場合がほとんどです。広大な生産ラインを設置するには広い土地が必要ですし、騒音や臭気、大気汚染などの近隣住民とトラブルになるような住宅街から離れた場所を選ぶ必要があります。

そしてメーカー勤務であれば、生産活動の要である製造現場を知っていることは、出世するために非常に有利です。必須の自分が売っているモノがどんな技術で作られているか、製造コストはいくらか、知識がなけれ営業もできませんからね。

仮に工場勤務をせずに出世をしたとしても、総じて現場を知らない管理職というのは、工場で働く社員からあまりいい顔をされません。部下に支持されないことが多いように感じます。「〇〇部長は現場も知らないクセに偉そうに・・・」という同僚の愚痴を、僕は軽く70回は聞いてると思います。(笑)

また地方勤務では、経営トップや管理職とお近づきになれるという面でも出世に有利です。工場の事務所だったり、地方支社や営業所のオフィスは本社と比べて小規模少人数なので、トップや管理職との距離が近く、それだけ目をかけてもらえるチャンスが広がります。

ただ、これら「出世に有利な」戦略は、ずっと今の会社で働いていく人にはメリットですが別の業界に興味がある、いずれ転職したいと考えている人には全く役に立たないのです。(今は転職しない人の方が珍しいですね)

お金が貯まる!

二つ目のメリットは、お金が貯まるという点です。

都会と比べて地方の方が物価が安く、外食するにも安く済むのが一般的です。
それに都会よりも家賃が圧倒的に安く、加えて住宅補助が出る会社であれば鬼に金棒です。都会と比べて生活コストが抑えられ、同じお給料でもお金が多めに余ります。

ただし、車が必要な地方ですとむしろ出費がかさむ場合がほとんどです。僕はこっちでした。車はマジでビックリするくらい金食い虫ですよ。そりゃ若者も離れますってくらい。(笑)

関連記事:【車社会の真実】田舎での生活は安上がりなのか?

地方勤務をすることのデメリット

では、続いて致命的なデメリットを3つご紹介します。

(ずっと同じ会社で働く場合を除いて)市場価値は上がらない、キャリアにプラスに働かない!

これです。地方で働いた経験があるからといって自分のキャリアにプラスになることなんてないんです。

実際には、メーカーなんかだと現場を知っておく意味があったり、大手広告代理店や金融機関あたりだと、その地方支社で勉強をさせたり・・・といった意味があるかもしれません。

ですが、ひとたび社外に出てしまえば、全くと言っていいほど評価されないのが地方勤務の悲しいところ。

 

例えば、転職の面接で

地方勤務を3年間我慢しました!忍耐力がウリです!

なるほど、3年間も地方で勤務したとは我慢強いな!採用!

こんなことありえると思いますか?ないですよね?地方で働いた経験があるからといって、「地方勤務」自体がキャリアにプラスになることなんて(社内での出世を除いて)全くありません。

関連記事:【転職して分かった!】3年以内の転職・第二新卒の転職が不利にならない理由!

友人と疎遠になる!

例えば学生時代に都会で過ごした人が、遠く離れた地方で働くことになると学生時代に仲の良かった友達とはことごとく疎遠になります。
しかも学生時代に住んでた場所から遠くに行けば行くほど、帰るのが億劫になるんで友人には滅多に会わなくなります。そうなると加速度的に疎遠になるんです。
知ってました?友達関係って、物理的距離に簡単にぶっ壊されます(笑)
地方に住んでいると、わざわざ友達と会うために都会に行ったりしなくなります。遠いし交通費も高いし。

そうなると、友人とのつながりといえばインスタやFacebookなどのSNSで近況報告を見たりするくらいですよね。自分が田舎でせっせと働いてる中で、「華金最高〜!」とか飲みに行ったり、「同期最高!みんなキャラ濃すぎな!」とか騒いだり写真インスタに乗せたり、都会のお洒落なレストランでキラキラ合コンしやがったり・・・そういう写真を見せつけられるの結構キツイですよ。
僕はそういう「友人の充実ぶり」と「田舎でつまらない生活を過ごしている自分」との格差を感じた時が一番メンタルやられましたね。

こちとら同期もいない中一人ぼっちで毎日8時23時でプロ社畜やっとんじゃと。でも友達一人もおらんのじゃと。一緒にお酒飲むような相手なんざ、ドギツい方言丸出しのスナックのババア(失礼)なんじゃと。

新卒で地方配属になってしまった人、よく聞いてください。
いいですか?人生は一度きり。社会に染まっていない新卒社員の時に都会でサラリーマンをやるということは、想像以上に楽しいです。仕事も大した量を与えられず、定時ないしは残業1〜2時間程度で帰れるから時間があるし、自由に使えるお金は学生の時よりはるかに多い。
飲みに行きまくりダーツで負けテキ(負けたらテキーラショットの略)しまくり出会いまくりのウェイしまくりなんですよ。裏を返せば田舎でせっせと仕事にだけ勤しんだってなんも面白くないです。家に帰ったらめっちゃ暇です。一人でゲームするか映画見るかパチンコするかくらいですよ、田舎の娯楽なんて・・・

 

婚期を逃すかも!

マジです。婚期が遠のきます。独身の人にはこれ以上ないデメリットです。
なぜなら田舎では出会いが全くないからです。

新卒からの3年間地方で働く程度であればまだ挽回のチャンスはあるかもしれませんが、20代後半〜30代前半の恋愛市場での売り時にいきなり地方にぶっ飛ばされると結婚が絶望的に遠のきます。「結婚は絶望的」とまでは言いませんが間違いなく絶望的に遠のきます。

先にも述べましたが友人関係フルリセットです。RPGで例えるなら「弱くてニューゲーム」状態です。

もし学生時代からの彼氏彼女がいたとしてもですね、遠距離恋愛を3年続けるって相当大変ですよ?何を隠そう僕も学生の頃から付き合ってた彼女と遠距離になったんですが、1年弱で別れちゃいました。いや、強がりました。実際はフラれました。浮気を疑われて。浮気なんて(スナックのBBAと飲んだ以外は)してねーっつの!

往復4時間交通費20,000円払って毎月1回会いに行ってたのに酷くないっすか!?あ、いや同情してほしいワケじゃないですよ?東京に戻ってきてから女性との出会いがメチャクチャあるんでwドヤァw

 

・・・失礼、取り乱しました。

さて、田舎には出会いがないという話をすると
「いやいや何言ってんの、同じように地方勤務で寂しがってる異性と仲良くなって付き合えばいいじゃん。出会いあるっしょ」と言うツッコミが思い浮かぶ人もいることでしょう。ですが、そんなアナタの勤務地は田舎ではありません。地方配属の人が多いということは、そこそこの数の企業が支社や営業所を構えている程度に都市として機能しているということ。すなわち都会です。おかえりください。

まとめ:ずっと働く気がないのなら辞めてもいいのでは?

地方勤務のメリットは、出世に有利に働くこともあるという点ですが、ずっと今の会社で働く気がないのであれば、いっそ辞めて転職してもいいと僕は思います。人生トータルで見たらデメリットが大きすぎます。
実際に僕も地方勤務が嫌で、新卒で入社した会社を3年弱で辞めて転職しましたが、全く後悔はありません。

ただし、転職する前に上司に異動希望を出すなどして、精一杯足掻いてみるべきだとは思います。「本社に戻していただけなければ辞めます!」と直談判すれば、もしかすると聞いてもらえるかもしれません。まぁ、80%ダメだと思いますが・・・

どうせ転職するつもりなら、地方で仕事のみならずプライベートまで辛い思いして我慢してもいいことないと思うんですよね。それこそ「人生の無駄使い」に他ならないです。

転職エージェントを利用すれば、都会へのUターン転職は簡単だ!

実は地方勤務の人でも、割と簡単に都会に転職できます。
確かに、都会→都会の転職と比べて若干の大変さはありますが、転職エージェントを活用することで地方→都会の転職は難易度がググッと下がります。

実際に僕も、この方法で東京に転職成功しました。

『転職エージェントが地方からのUターン転職を目指す人にオススメなのか?』は、こちらの記事でご説明しています。

地方勤務からの転職は『転職エージェント』を活用すべき!理由とオススメする転職エージェントをご紹介!
地方勤務で頑張るみなさーん!田舎暮らし、エンジョイしてますかーーー!!??みなさん「FU◯K YOU」ですよね・・・さて、僕も地方勤務が大嫌いで転職したクチだというのは皆さんご存知のことと思います。参考:3年以上続いたことねぇ!マイルド社畜

今すぐ転職は考えてなくても、転職の備えだけはしておこう

ちなみに上で紹介した方法は、「地方勤務マジで限界。即やめたい。」末期患者向けに紹介しています。

入社早々地方配属になりそうな新入社員の方や、地方勤務が始まったばかりで
「まだ具体的に転職する予定はないけど、地方勤務は嫌だな・・・」くらいに不安を感じている方は、第二新卒の転職に強いマイナビジョブ20’sへ登録しておくのがいいと思います。

マイナビジョブ20’sに登録しておけば、もし地方勤務が嫌になって、本気で転職したくなった時にすぐに転職活動を始められます。
自分の転職市場の価値と、他の企業の給料や勤務条件の相場を知ることができ、高待遇の企業からの募集を見つけた時にすぐに行動に移れるからです。

もう一つ、若手社員にオススメの転職サイトをご紹介します。最近知名度がグングン上がっている【ウズキャリ第二新卒】です。
【ウズキャリ第二新卒】の特徴は、ブラック企業を徹底的に排除している点ですね。地方勤務で辛酸を舐めた第二新卒の方には嬉しいポイントじゃないでしょうか?

僕ももっと早く知っていれば、3年間も田舎で消耗することもなかったと思うと後悔してます・・・

以上、『地方勤務は「人生の無駄使い」嫌なら今すぐ辞めていい、その理由』でした〜!

伊勢山の『転職・仕事』記事一覧はコチラ▼

タイトルとURLをコピーしました